販売する物によって販路を変えています。

スポンサー

僕は主にCD・DVDと本と取り扱っています。

スポンサーリンク

売る物のランキングや種類によって販売する場所を変えて居ます。

  • Amazon 
  • ヤフオク 
  • メルカリ 
  • ラクマ

・Amazon

普通に本を出品しています。普通のセドラーが扱う様な20-30万位ぐらいのランキングも多いですし、普通に150万位の本の出品もします。150万位の本になるとAmazon意外での販売はほぼ不可能です。売れません。Amazonはロングテールに非常に強いです。それ以外の魅力は感じた事はありません。

Amazonだけで生活しようと思ったら完全に奴隷労働です。

・ヤフオク

主にCDとDVDの出品をしています。未だにAmazonにもCD・DVDは少し出品していますがヤフオクの方が確実に売れるのは明白です。

ヤフオクが売れるのはCD・DVDを買う層が主に中年男女が多くいるせいだと思います。

CD・DVDに関してもAmazonは強いですがヤフオクも同様に強いです。

単価が高くなるとAmazonの方が強い印象が有ります。

・メルカリ

主にセット本、単行本などを出品しています。

ランキング1万位以内の本はAmazonに出さずメルカリかラクマに出品するようにしています。確実に利益が増えます。

また、アマゾンで売れ行きの悪い本をメルカリで併売させます。同時に売れる事はほぼありません。

・ラクマ

こちらもメルカリと同様なラインナップになっています。

ラクマの良い点はかつてのメルカリの様にクーポンなどを大量に発行しています。比較的利用者は少なくても売れます。手数料も圧倒的に安いので利益は多く残ります。

特にランキング5000位以内のものはラクマに出すようにしています。Amazonより売上は減りますが利益は増えます。

また楽天ポイントが使えるのでポイントの付いた日などは売れ行き好調です。

結論として

僕の振り分け方がベストだとは思いません。

各サイトによって売れる曜日・時期が多少ずれてきます。

特にAmazonとメルカリは売れない時は売れないので販路を分散させておくと精神的にも非常に楽です。

またAmazonは毎年、手数料を上げてきていますのでAmazonだけで生活をしている人は早急に販路を広げるべきだと思います。後で後悔してからでは遅いです。