副業で本の転売ならAmazonです。

スポンサー
スポンサーリンク

Amazonの良いところ

僕はAmazonから数十万の利益を得ておきながら、このブログでは基本、Amazon非推奨です。

しかしながらAmazonも悪くはありません。

とりあえず副業で転売を始めたのならAmazonも販路の大きな1つになります。

具体的なAmazonの良いところ

  • 圧倒的な集客力
  • 出品が楽
  • ロングテールの強さ
  • 発送が楽
  • FBAがあり、副業の人も利用しやすい

Amazonの集客力は他のサイトより明らかに優れています。

集客力が高いから手数料が高いのにもかかわらず多くの人が転売で利用し続ける理由にもなっています。

出品がバーコードやJANコードを入力するだけなど、非常に楽で一度に大量の商品を出品できます。

発送もAmazonが用意した納品書等ありますので作業の効率性が良いです。

また副業の人にはAmazon倉庫に予め納品してAmazonが発送までしてくれるFBAがあり、手数料は尋常じゃないほど高いですが時間の無い人には有り難いシステムだと思います。

Amazonの悪いところ

  • 売れる日・売れない日のムラ 
  • 客からのクレーム
  • 悪い評価を受けると影響が大きい
  • 手数料が圧倒的に高い

Amazonの購入者は比較的規則正しい生活を送っている人が多いため、売れる日と売れない日のムラが他のサイトより大きいです。

また客はAmazonから購入している意識が強く、訳のわからないクレームを入れて来る購入者が他のサイトより多い印象です。

またAmazonの評価の悪いところですが「良い評価」と「普通・悪い評価」で分かれており「普通の評価」を受けても売上が一気に落ちる事が有ります。

そして何より手数料が圧倒的に高いです。FBAはさらに高いです。

良いところ悪いところを含めて

副業で本の転売をするにはAmazonは最初に取り組んでも良いと思える販路です。

慣れてきたら他のサイト、メルカリ・ラクマ・ヤフオクにも取り組んで行くのが大幅な利益アップに繋がります。

Amazonだけでの販売、特にFBAだけでの販売は自分自身の可能性を大きく狭めるので絶対にやってはいけない事だと思います。

他の販路について、下の記事に記載していますのでご参照くだいさい。

僕は主にCD・DVDと本と取り扱っています。 売る物のランキングや種類によって販売する場所を変えて居ます。 Ama...