売上・仕入れを安定させる方法

スポンサー
スポンサーリンク

売上と仕入れが安定すれば生活も安定します。

当然と言えば当然ですが、これが意外と難しいと思います。

Amazon転売ではそれが難しいから資金が回らなくなり仕入れを止め、徐々にフェードアウトしていく方がほとんどになります。

昔は誰でもできました。今は誰でもできる副業じゃありません。

数年前までのAmazonの手数料だと108円で買った本を最悪「1円+256円」で販売しても30円利益が残りました。最悪のパターンでも利益が出る。間違いなく副業としては誰でも気軽に稼げるジャンルでした。

現在はアマゾンの手数料・送料も上がり、「1円+256円」で売ると30円程度の赤字になります。まあ1円本がほぼ無くなった原因でもあります。

失敗すると赤字になる

当然、何でも最低30円の黒字になっていたのが上手にやらないと赤字になるので仕入れる量は減ります。

そうした影響もあり、古本屋には定番の本が108円以下でゴロゴロ転がっています。

数年前なら考えられないレベルで転がっています。

手数料の安いラクマ・メルカリ・ヤフオクで出品すればすぐ売れます。

Amazonで販売してる人は何故かやりたがらない、フリマ・ヤフオクでの販売です。売れれば、どこだって良いと僕は思うんですがAmazonに固執する人がたくさんいるので、ある意味チャンスです。

「1円+送料」の客は他のサイトに移りました。

「1円+送料」で本を買っていた人が現在、全体的に値上がりのしたAmazonで古本を買っているかと言えば、そうではありません。

大半がフリマアプリなどに流れています。

流れていなければ僕のような人間は廃業していたかも知れませんと言い切れるぐらい流れています。

1つ1つの単価は安いです。

でも確実に売れます。僕自信も売っているので間違いありません。

長くAmazonで販売している人なら手数料が上がる度に売れなくなって来ているのは実感できていると思います。

ライバルが減ってかえってやりやすくなったなんて呑気な事を言ってる場合ではありません。

買ってくれる人がいるから利益に繋がります。人が少なくなったら、それなりの対応が必要です。

こんな感じの本が現在、古本屋の安いコーナーに眠っています。

転売をしている人ならわかる、ど定番の本です。メルカリ等に出せばすぐに利益の出る本です。

Amazonで販売するより断然利益はでます。

いつまでもAmazonに手数料を払い続けるのは考えものです。何も文句を言わず販売しているから手数料の値上がりに歯止めが無いのも一因だと思います。

どこにでもある本を普通に買ってAmazonに出さずに売れば仕入れの量も売上も安定してきます。

何もしないで、どんどん収入を下げていくか、色々やって収入を上げて行くかの2択です。まあ昔から変わらないことですね。