古本屋でスキャンする順番

スポンサー

転売目的で古本屋に行った時、適当にスキャンしていると非常に効率が悪いです。

効率的な店舗の周り方はどの店に行っても大体同じです。

スポンサーリンク

スキャンする場所が重要です。

古本屋で無闇にスキャンしても、あまり意味がありません。正直、時間の無駄だと思ってます。

利益の出やすい場所なんて決まっているのにひたすらスキャンする人って意外と多く、完全に初心者なのでライバルとも同業とも思わない事にしています。

①安いコーナー

とりあえずここは最初に見ます。知っている本が有れば何度でも買います。

こんな感じの本があります。何度でも売れるのでタイトルを覚え、何度でも買います。絶対に売れ残らないタイトルになります。

最初は全てスキャンしても良いと思いますが利益の出る本は基本的に全て覚えます。同じ本を2度、3度スキャンするのは時間の無駄です。

僕自身、月に1500冊以上、本を購入しますが1ヶ月のスキャン数の合計は4500回程度です。1店舗200回以下です。(一応、スキャンのスピードはかなり速いですが最近は発揮する場面がありません。)

感覚的には異性の顔を見て美人かブスかを判断する様な感じです。

ブスを2度見しても美人にはなりません。意味の無い行為です。(かなり偏見に満ちているとは思いますが、こんな感じの覚え方をするとすぐ覚えられます。)

②文庫・外国人作家コーナー(文庫)

2番めに見るのは外国人作家コーナーです。

なぜ、外国人なのかと言えば、外国人作家の本は定価が高く利益が出やすいからです。全ては利益の出る順番に周ります。文庫本の背のどこかに価格が記載されていますので、そこの価格が高い順にスキャンしても効率が良いと思います。(全部に記載して有る訳ではないので参考程度に)

また、背表紙が青いコバルト文庫は利益のでる本が少ないので後回しでも構わないと思います。

備考、ハーレカイン文庫は紙質が悪く、ヤケやすいので状態の良いものだけをスキャンします。

③安い文庫コーナー

ここでセットになるような物を見て回ります。日本人作家の文庫1冊ずつは利益が出にくいので基本的にはスキャンしません。最初はどんな作家が人気があるのか知る上でもスキャンしても良いと思います。

こんな感じでセットになるものをメルカリなどの検索で値段を調べて行けば、利益の出る本なんてすぐ見つかります。

コミックセットより早く揃い、多くの利益が出る本が見つかる事は間違いありません。

④外国人作家(単行本)

②と同じで定価が高く利益の出る本が結構あります。

回転も良いのでおすすめです。

外国人作家の詩集などがあれば、定価超えしている場合も結構あるので、

「詩集=売れない」みたいには思わないで下さい。

⑤ライトノベル 単行本 安いコーナー

基本、ライトノベルは安いコーナーだけ見れば十分です。

ライトノベルは値下がりが激しいので価格帯の高い古本は極めて危険です。

大概の本は価格の上がり下がりがありますがライトノベルに関しては発売から下る一方です。

それを知らずに転売を始めた頃、だいぶ損をしました。(10万円に行かないぐらいです。)

1-10巻とかなら10巻から見ていきましょう。当然10巻の方が新しいので利益が出やすいです。10巻がダメなら大概は全部ダメなのでそのシリーズはスキャンしません。

1-4とかで3・4が利益が出るようなら1-4巻全部買います。セットにすると利益が少し増えます。(メルカリなどの相場を調べる)

⑥大判コミック

次に大判コミックを見ます。大判コミックは定価も高いので利益が出やすいです。意外と絶版になるのも速いので見る価値はあります。そんなに種類はないのですぐに見終わると思います。

発行部数が少ないので意外な程、高値安定の商品が眠っています。

上の本、最近だと、たった2冊セットにしただけでしっかり利益が出ます。メルカリ・ラクマですぐ売れます。

⑥レディース・コミック(安いコーナー)

ここにある本はかなりタイトルも限られるので速攻で見終わります。

併せて、レディース小説も見ておくと良いと思います。

レディース小説の続きものは前半が高い傾向があるので後半の巻だけでなく前半も見る必要があります。

意外と利益の出る物も多いです。少年コミックなどは個人的に好きじゃないので見ません。(汚くて・単価が安い)

⑦単行本

普通の単行本をスキャンします。健康関連とか今だったらネット・AIの読み物系は利益が出やすいかも知れません。最初は全てスキャンしてどんな本が人気があるのか傾向を知る必要があります。この辺は努力が必要かと思います。

こんな感じです。

小説はほぼ利益が出ないので最初は見なくて良いと思います。余裕があればカメラ雑誌なども利益の出やすい物が有りますのでチェックすれば良いと思います。

初心者なら1日4000回ぐらいのスキャンを目安にがんばりましょう。

なれれば、スキャンの回数は400ぐらいまで減ります。最初は大変ですが慣れれば、単純な古紙の回収作業です。

何店舗も回る場合は1店舗の時間を1時間以下に、人の集中力はそんなに続きません。

僕の場合は45分以降は確実に効率が落ちて行くのを実感しています。

多分、最初の10分以降、集中力が落ち続け、45分辺りで限界を感じているんだと思います。

時間はかかるが後々大きな差が出ます。 僕の前職は花屋の経営でした。花屋の経営は仕入れで大きな差が出ます。本とかCDの転売も同じです。...