たばこ臭の撃退方法

スポンサー
スポンサーリンク

従来のやり方ではダメです。

従来のやり方、例えば重曹と本をビニール袋に入れ、数日間放置とか

新聞紙を間に挟み、何日間か放置。

従来の方法でも大体取れますが敏感な人なら嗅ぎ取ります。

そして、こんな時間のかかるやり方では販売機会を損失しかねません。

僕はアイコスを吸うのでタバコの臭いには敏感です。

こんな生ぬるい方法では苦情の元ですし時間がかかり過ぎます。

僕のやってる方法

準備するするものは「ファブリーズ」とダイソーの「シールはがし」だけです。

①ブックカバーを取り、表裏をファブリーズで拭く。意外と素材のせいかブックカバーに臭いが付いています。

②ブックカバーを取った状態で全体にファブリーズを吹きかけ、テッシュで拭きます。

この辺でだいぶ臭いは取れてきています。もちろん小口にも吹きかけます。

③ダイソーのシールはがしを全体に吹きかけてティシュで拭く。ここでも小口にも吹きかけます。

④これでほとんど完璧ですが最後に小口だけに軽く「シールはがし」を吹きかけます。シールはがしのレモンの臭いを付けるのが目的です。

⑤OPP袋に入れ発送。

到着する頃にはレモンの香りしかしません。

今まで100件近くは同じ方法で発送しましたが苦情は1度もないです。

かなり即効性のあるやり方だと思います。

間違いなく重曹などより臭いは感じ取れなくなると思います。

評価をもらうまでが勝負です。

確認してませんがファブリーズでニオイをある程度おさえ、シール剥がしでニオイを新しく付けても、いずれはタバコのニオイがしてきます。

重曹で長い時間をかけ、ニオイが取れたとしても湿気の影響などで必ず、またニオイます。

売ってから。購入者が評価をするまで臭わなければ問題無しです。

たぶん、1ヶ月ぐらいは臭わないと思います。

本せどりで欠かせない鉄板ジャンル、言語とエロに関して説明してあります。どんな本が利益が多く出るのか説明しています。