効率良く仕入れをするには

スポンサー
スポンサーリンク

効率を徹底的に考え仕入れをする必要が有ります。

例えば古本屋で本を買う時、時間を気にして買っているでしょうか。

気にしているのは閉店時間だけと言う人も多いと思います。

1冊あたり何分かかっているか必ず確認しましょう。

例えば1時間で60冊買ったとして単純に1冊、1分で買った事になります。

1冊100円の利益としてら1時間で6000円の収入を得たと考えるようでは、すぐに行き詰まります。

移動に片道1時間使っていれば、往復2時間、店舗に居た時間と合わせて合計3時間で6000円の利益になります。

さらに出品に2分、梱包発送に2分使っていたら、6000円の利益を得るのに4時間(240分)の作業が必要になります。

出発から利益を得るまで合計7時間で6000円、時給860円ぐらいです。

徹底的に時間配分を気にする必要が有ります。

正直、自営業で時給860円ではお話になりませんので時給2000円以上になるような行動が必要です。

出品や梱包の作業は物理的に効率化の限界があります。

最適なルートを組んでの移動時間の効率化、商品数に対する移動時間の割合を減らす為の1店舗あたりの仕入量、ここでは例えで利益100円としましたが利益の拡大、徹底的に見直して時給を2000円以上にしなければ、自営業をやる意味はほぼありません。

店舗では本だけに限らず、CDでもDVDでもやれば良いと思います。

自ら進んでジャンルを狭めるのは、自分の可能性を捨ててるのと同じです。

僕の周辺の深夜のバイトの時給は1400円以上です。深夜まで働いている僕からすれば万が一にでも時給換算で1400円以下になるような事があれば、すぐ転職を考えます。

もちろん、人の職業は尊いものです。お金で判断すべきではない面もありますが、その位の覚悟を持って行動しないと、フリーで誰からも命令などされない自由さから、すぐに収入は低下します。

「人生、お金じゃない」

そうかも知れませんが、これを言って良いのはお金を得る能力の有る人だけです。

僕が「フェラーリ、乗り心地悪くて最低」と言ったところで笑われるだけです。

それと同じです。