メルカリの上手なキャンセルの方法

スポンサー

メルカリで何度も安易にキャンセルをすると運営側から何らかのペナルティーが課せられます。

そうならないように売れてしまった物の上手なキャンセル方法のやり方です。

スポンサーリンク

メルカリのキャンセルで出品停止になることも有ります。

メルカリ、何らかの事情で在庫が無くなってしまった場合、無いものは発送できないのでキャンセルをすることになります。(主に他のサイトとの同時出品が多いとは思います。)

「在庫が無い」でのキャンセルは繰り返すと出品停止になります。

最初は「24時間の利用制限」になります。24時間の間、販売も購入もできません。毎日、売上のあるサイトでの利用制限は月の売上を単純に3%下げる事になると思います。

「24時間の利用制限」を何度か繰り返すとアカウントの停止になります。

アカウントの停止からの復活は相当高いハードルになりますので絶対に避けましょう。

どうすれば避けられるか、下記に記載してあります。

キャンセルの申請をする前に必ず購入者に連絡をしましょう。

文章は下記の通りで良いと思います。(コピペでも構いません)

「この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳御座いません。
当方の管理ミスにより欠品の状態となってしまいましたので
キャンセルの申請をさせて頂きます。
この度の不手際、心よりお詫び申し上げます。
ご購入者様のお役に立てず、また期待を裏切ると受け取られても仕方なのない行為、 誠にすいませんでした。
今後、再発防止に努めて参ります。
この様な結果になったことを悔やんでも悔やみきれません。
また何か御座いましたら何卒宜しくお願い致します。」

ちょっと大げさに感じるかも知れませんが、このぐらいが実際にはちょうど良いです。

大げさに謝れて悪い気分になる人はいません。大概は「ここまで思ってくれているのか」と関心するはずです。

これだけ大げさなメッセージをもらうと購入者も必ず何かしらの返答をしてきます。

だいたいが「わかりました」とか「気にしないで下さい」などのメッセージを受けることになります。

「購入者と同意している」でキャンセル申請をする。

相手から返事がもらえてから「購入者と同意している」の理由でキャンセルの申請をして下さい。

同意している以上、どちらが悪いかまでは調べられません。

すぐにキャンセル完了になります。

そしてメルカリの運営から「これからも宜しくお願い致します。」とメッセージまできます。

こっちが悪いのにお願いされます。

やり口は少々あざとい様な気はしますが「在庫が無い」で3回キャンセルすると24時間の利用停止に大概はなりますので避ける為には非常に有効な手段です。

ちょっとした一手間でリスクを回避できます。

リスクを最小限に抑える事が安定的な収入を生みます。

転売において売上・利益・在庫が伸びてる間のキャッシュフロー(資金流動性)は基本悪いのが普通です。月末の支払いに備え、値下げを資金繰りをする...