転売における資金繰り

スポンサー

転売において売上・利益・在庫が伸びてる間のキャッシュフロー(資金流動性)は基本悪いのが普通です。月末の支払いに備え、値下げを資金繰りをすることはキャッシュフローの改善ではありません。単なる自転車操業です。

クレジットカードでの仕入れ

ネット情報にはよくクレジットカードで仕入れを行い、支払日までに全て売り切ればリスクゼロ・資金ゼロで副業を始められるなどと嘘の情報で溢れかえってますが実際はそんなに甘くはありません。

月末、支払いの為の値下げは最悪の行為です。

月末の支払いを見据え多くの方が値下げして資金を確保しようとしますが、その行為は将来の利益をなくすだけの行為です。

前述した通り単なる自転車操業の状態なので、安定性に欠き、長くは続かない廃業寸前の状態です。

転売を始めたばかりの人でもキャッシュフローの改善と称し、赤字でも売る、普通の感覚で考えると始めたばかりなのに廃業寸前です。

その様な売り方をしている人の利益はごくわずかでとてもマトモな生活を送れる収入は得られません。

どうすればキャッシュフローが良くなるのか。

転売におけるキャッシュフローの改善は短期間では訪れません。

転売を始めたばかりの人なら数ヶ月先の事になります。

地道に努力をしているとキャッシュフローの改善は順を追って訪れます。

  • ①仕入れ金額が一定になる。
  • ②出品が追いつかなくなる。
  • ③発送が追いつかなくなる。

①は商品の知識を少しずつ増やして行くとジャンルを限定していると毎月の仕入額が一定になってきます。毎月の支払いが一定になるまで日々の努力で商品の情報・価格などを覚えて行けば、支払いが一定になってきます。結果、毎月の出ていくお金がどのぐらいかわかると思います。

②日々の努力で仕入れが上手にできるようになってくると、出品が追いつかなくなります。仕入れた商品はなるべく速く出品するのが基本ですので、その結果、仕入れに行く日も限定され、毎月の仕入額が一定になる事になります。

③出品が追いつかなくなるまでになると、大量に売れ始めます。そして発送が追いつかない状態になります。その結果、また仕入れに行く日が限定され月々の支払額は一定に限りなく近づいて行きます。

③までくると毎月の支払い、収入は一定の額になるので在庫が伸び続けて行くキャシュフローの悪い状態が無くなって行きます。

キャッシュフローが良くなったら次にすること

支払いと売上が一定になると収入は安定してきます。安定は特別悪いことでは有りませんが「安定=緩やかな下り坂」です。

安定した段階で次にすることを定めなくてはなりません。

作業の効率化と取り扱いジャンルの拡大です。

ジャンルは始めから複数でも構いませんが、より多くの商品知識が売上の上昇をもたらします。

新たに売上を上げて行こうとすれば、またキャッシュフローが悪くなりますが普通の事です。

キャッシュフローは少し悪いぐらいが売上を伸ばす上で健全な状態です。

結論として

アマゾンでの転売でも何の商売でも同じですが物を売る仕事は在庫を抱えるのが基本です。

クレジット払いでの資金ゼロ・リスクゼロは有りえません。

上手に回す人もいるでしょうが大半の人が無理です。

ある程度の資金力が必用です。

クレジットカードの限度額が武器になるなんて考えは危険極まりない考え方です。一応、僕もカードの限度額は合計1000万以上ありますが、一枚で足りてます。