キャッシュレス事業者

スポンサー

キャッシュレス事業者の登録を売れなくなったらしようと思っていましたが完全に見誤っていたのかも知れません。

いつ売れなくなるのかわからないのが現状です。

スポンサーリンク

何か好きじゃないので当面、申請は保留

アマゾン、メルカリ、ヤフオクなど最初から一部を覗いてはキャッシュレスなのにキャッシュレス事業者の申請、何か微妙と思ってしていませんでした。

当然の事ながら売れなくなったらいつでもできる様には準備はしていましたが売れなくなる気配が今の所ありません。

アマゾンの売上は前年比、前月比とも増加傾向で完全に申請をする時期を逸しています。

こんな事を考えるぐらいなら最初からしておけば良かったとも思えるぐらいです。

売上を分散しているので元々問題では無いのもあります。

売上をアマゾン、メルカリ、ヤフオクに適度に分散しているので、最初からアマゾンが多少売れなくなる時期があっても最初から問題では有りませんでした。

全体の売上も伸びていて作業が追いつかない面もちらほら出てきています。

キャッシュレス事業者の申請をしないことでアマゾンの売上を鈍化させ他の作業に集中する予定でしたが完全に見誤っていました。

鈍化すると言っても売れなくて捨てる事はないので問題はないはずでしたが普通に売れてしまっているので予定が完全に狂ってきています。

さらなるリスク回避の為、できる事はする予定です。

かと言って申請しないことでいつ売れなくなるかもわからないので更に売上を分散させて行こうと思います。

メルカリ、ヤフオク、アマゾンの売上を更に均一にして行こうと思ってます。

数年前からアマゾンの比重をドンドン落としているのでこれを気に一気に3つを均一の売上まで持って行きたいと思ってます。

そもそもアマゾンの売上が落ち、自然とその様になる予定でしたが多少、強引にアマゾン以外の売上を伸ばして行こうと思ってます。

結果として

リスクが大幅に低減すると同時に利益率は更に上がると思います。
現状、今まで通りアマゾンが売れ続けると出品、発送が1人でやっていく限界を迎えそうなので、ちょうど良いきっかけになるような気がしてます。

現状、アマゾンでは有り難い事に「5%還元」マークの付いた所より僕の出品したものが速く売れているケースが多く見受けられます。

最近では申請をしたら同じか逆に売上が落ちる様な感じさえしています。キャッシュレス事業者から買いたくない層が一定数いるように感じます。

申請の時期を見失った事は間違いありません。

幅広いジャンルを扱えるのは転売にとって強力な武器になりえます。転売に限らず、どんな商売でも同じですが売上を上げる一番単純な方法は売り場面積...