CD転売 どこで売るのが効率が良いのか。

スポンサー



CDの転売、中古店で安く購入してネットで高く売る、いわゆる転売です。

どこで売るべきか

どこで売るかが問題になってきます。

  • アマゾン
  • ヤフオク
  • メルカリ

・アマゾン

アマゾンは新規の出品者は規制がかかり、出品はできないので除外します。まあ今後も規制が解除される事は無いと思いますので無駄な努力をせずアマゾンでの販売は諦めて下さい。規制を解除すると大陸から大量のコピー品が出品されると予想されるので規制しているようです。規制の無い頃に色々トラブルがあったんでしょうね。

僕のアカウントは規制前の物なので出品できますがアマゾンでの販売はヤフオクに出品している時間が無い時だけアマゾンに出品しています。

それなりに売れますが手数料の高さから利益、売れ行きともヤフオクの方が遥かに上です。

メリットとしてはプライスターなどを使って素早く出品ができる事だけです。

効率よく出品ができるからと言って利益が微妙なので効率的とは言えません。

時間が有れば絶対にアマゾンなんかに出品はしません。

・ヤフオク

僕は主にヤフオクに出品しています。

ブックオフもヤフオクに出品している、すなわちヤフオクは売れるって事です。ブックオフ本体の頭の賢い人がアマゾンで無くヤフオクを選んでるにはそれなりの理由があるはずです。(ブックオフのフランチャイズは結構アマゾンにだしています)

結構な割合でブックオフと出品が重なりますが問題なくブックオフより速く売れます。(ブックオフと商品がかぶるのは当然ですよね。ブックオフから転売してるんですから。)

なぜヤフオクか

簡単に言えば売れるからとしか言いようがないのですが、敢えて言うならば、ヤフオクにはアンチAmazon、アンチ大手と言った、ちょっとひねくれた人がたくさんいます。(アンチ巨人みたいなもんですね。かなり多いと思います。)

ヤフオクを使っている年齢層にも関係しています。ヤフオクを使ってるのは圧倒的にオジサンです。若者も使いますがオジサン多数です。

CDを主に買うのはオジサンなのでCDを売るには適しています。

Amazonでも売れない事は有りませんが珍しいCDはボッタクリ価格で出品されていますので、珍しいCDを買う人はまずヤフオクでも価格を確認します。

同じCDを50枚、ヤフオクとAmazonに適正価格で出品しても圧倒的に速くヤフオクが売れます。Amazonも売れなくはないですが、意味を見出せません。定期的に実験として調査しています。Amazonがヤフオクより良くなればAmazonに出します。

メルカリ・ラクマ

これはかなり微妙です。

正直、ヤフオクより安く・利益も残りにくいです。

これは主に不要なCDを出品している一般利用者が多いことが原因です。

正直、一般の人が販売するものは盤面等の状態が素人判断になります。

傷ついていても平気で「新品同様」ぐらいの事をしますからどうしても単価が下がってしまいます。

単価の低いものは適当に出していますが良いCDは絶対に出しません。

これも実験して意味の無い事は実証済みです。

Amazon以上に意味の無いのがメルカリへのCD出品です。

ちなみに電脳仕入れは

この単語、バカっぽくて本当に使いたくは無いのですがわかりやすいように。

メルカリからのCDの仕入れは基本、やめた方が良いと思います。

状態が悪いです。

ただし、例外が有ります。「宝塚」のCDは状態がやたら良いものが多いです。

DVDも宝塚は問題ありません。フリマウォッチャーに登録しても良いと思います。

メルカリ以外の電脳仕入れ

僕の場合は近所にブックオフも古本市場も大量にあるのでネットからの仕入れはあまりしませんが例外的にしています。

僕の運営するオンラインサロンで定期的に利益の出るCDを流しています。
たまに売れ残るので売れ残った推薦したCDは責任を持って僕が全て買っています。

損をする情報は流していないので売れ残ったCDでも問題なく売れて行きます。

売れ残るCDの特徴はヤフオクに出品が現在ないのが多いです。リサーチする段階でオークファン、モノレートでしっかり調べているので売れ残りでも問題無く売れます。

スポンサー