CD転売は実は簡単、本だけでは限界が訪れます。

スポンサー



ヤフオクでCDを売れるようになると生活が楽になる。

先日こんなツィートをしました。

僕は本・CDの転売で生活しています。

正直、アマゾンで本だけの転売をしていると限界を迎えます。

個人で仕入れ・出品・発送できる件数なんてある程度、経験を積めば上限に達します。

「多く仕入れようとすれば時間がかかる」「多く出品しようとすれば時間がかかる」「多く発送しようとすれば時間がかかる」(FBAを使っても倉庫に発送するので同じです。)

数年前、収入が月35-40万になった頃から感じ始めました。

もはや、この頃になると効率化なんてされつくして、これ以上仕入れるとリスクを伴うか薄利で販売する様な仕入れになることは目に見えていました。

もっと優秀な人ならアマゾンの本だけでも80万ぐらいは行けるかもしれませんが僕には無理でした。

人を雇っても人件費がかかるようになるので収入は簡単には伸びません。

そんな時に色々と出費が重なり、やりたくなかったCDの転売をする事を決意しました。

なぜ、CDを本格的に扱いたくなかったか

それは前職の花屋にあります。花屋、特に僕の行っていた冠婚葬祭をメインとした花屋は中々の粗利がとてつもなく大きいジャンルになります。一般の花屋に比べれば利益は3倍以上あります。そのかわり参入障壁が無茶苦茶高く、普通の花屋には入れない業界です。(20代から年収は1000万を軽く超えていました。)

20年以上前、パソコンのスキルが高い人はそれほどいなく、色々な会社に重宝されていました。その時のコネなどをいかし24歳で花屋を開業、2ヶ月目から月収は70万を超えていました。冠婚葬祭の仕事は暇な事も多く、副業でCDの転売も始めました。雇ってた従業員が仕事が無い時が多いので暇つぶしにさせてたのがCDの転売です。

CDの転売も利益が大きい

CDの転売も利益が大きいので花を売るイメージと重なり本当はやりたくなかったです。まっとうにアマゾンで本を売って生活していければと思ってました。

本での収入を限界を感じ同時にCDを扱う事になりました。

生きていくためには仕方がないと思うし、CDの販売自体への抵抗も薄れていました。

CDの売上が大きくなるまで半年程度、掛かりましたが本と同じぐらいの利益を出せるようになりました。もちろん本を販売しながらCD転売の勉強をやり直しです。

本でまとまった収入を得るまで2年近くかかったのでCDの方が速く利益が出しやすいです。

複数のジャンルを扱うことで安定します。

同業者が来たあとの古本屋で仕入れるのは多少厳しくなります。

多くの本や漫画を扱うセドラーはCDまで手を出さないので「本が買えなかったらCD買えば良いじゃん」みたいな感じで気楽に仕入れをすることができます。

CDセドラーが来た後ならCDも買えないのではと思う方もいると思いますが、僕の経験上、それはありません。

店舗仕入れでは、CDの単価が高く、本より少し回転が遅いため、CDを扱う人は全て根こそぎ買っていく様な事はしません。

ベテランほど、リスクを分散させ、長期的に安定的な仕入れをします。全部、買うことはしません。

その辺、本とあからさまに違います。

本は知識があればリスクゼロで行けます。

ツィートに話題を戻して

過去、8名に25000円でCDの転売方法を教えました。(交通費別・現在は10名以上)

準備や移動時間を考えると僕自身の時給1000円程度にしかなりませんでしたが素敵な経験だったと思います。
8名ともある程度、生活できる収入を得るのに半年ほどかかりました。
当人の努力が大きいのだと思います。(お小遣い程度の稼ぎは比較的早い段階で達成していました。)

現在は全員、ヤフオクだけで生きていけるプロになっています。

ひた向きに努力できる人たちとの出会いに感謝しています。

CDの転売は実は意外と簡単で本より上達も早いです。

転売を副業で始めようとする方でも、CDは大きさが小さく扱いやすいのでオススメです。

ネットの転売に関するブログはアマゾンFBAの利用を前提としたセミナー等への動線が敷かれてることが多いので、アマゾンで新規の方はCDの出品規制があるので情報は少ないか、正しくないか、古いかのパターンが多いです。

よくツイッターなどで見かける「月収○○円以上を100名排出」などに踊らされないように気を付けて下さい。
本当かどうかは、さておき、100名排出したと同時に何人やめたのかわからなければ意味がありません。1000点満点で100点みたいなものです。

スポンサー