本やCDの転売において覚える作業は外せません。

スポンサー



副業でも本業でも転売で収入を得ようと始めてしまったら、できる事は全てやっていかないと長期的に続きません。

「店頭で売っているものをネットで売って差益を得よう」って普通に考えれば相当変な考え方です。
「パチンコが儲かるからそれで生活しよう」と大差が無いぐらい危うい感じがします。

そんな生活を続けるのに助けになるのは記憶力だけです。

記憶力の最大のメリットは無料で使えるのに圧倒的な効率化ができるところです。ほとんどの人が高校受験や大学受験を経験しているので覚えるのが苦手な人でも多少の記憶力はあります。

そしてデメリットが何一つ無い所もメリットです。

転売で記憶することは極わずかです。

利益の出る商品を大量に覚えるのは難しいと考えているかと思いますが、利益の出る商品を覚えるのは後回しにした方が効率的です。

一番重量なのは何が利益が出ないかです。

利益の出ない物を覚えることが一番の効率化になります。
利益の出ない物を何度スキャンしてもやはり利益は出ません。

だったらスキャンする必要がないのは明白です。

人は誰だって無駄を嫌います。
何か月かスキャンして経験を積んで行く内に利益の出ない物など普通に覚えていると思います。
自覚しているか、していないかの差しかないと思います。

なぜ利益の出ない物を覚えるのか。

利益の出るものはいずれ時間が経過すれば、利益が出なくなります。
そして大半の利益の出ない物は永遠に利益が出ることはありません。
利益の出ないものを覚えていれば自然と利益の出るものがが浮き彫りに見えてきます。

できないと最初から諦めてはダメです。

僕自身も数年前まで、ひたすらスキャンして、利益の出る物を探していましたがバイクの事故で頭がい骨骨折と身体中の切り傷で記憶力を頼りに利益の出る商品を探さざるを得なくなりました。

傷が深く、本棚の下の方をスキャンするのにしゃがんだだけで傷口が開き、出血、最初は痛みを我慢してやっていましたが、帰宅するころにはズボンは血だらけ、僕は構わなくても周りが気にします。

それを機にいつまでも五体満足ではないと思い、仕入れ方を変えました。

やれば、誰でもできます。やらなければ永遠にできません。
心がけ一つです。

スポンサー