本とCDを両方扱う時に気を付ける事

スポンサー



本とCDを同時に転売で扱う商材に選んだ時、気を付けなければならない事が有ります。

大概、古本を売っている店舗ではCDやDVDも販売しています。
本を扱っている人ならCDにも手を伸ばすのは必然です。
DVDにまで手を出すかは微妙かと思っています。

本とCDを同時に扱う時に気を付ける事

簡単に言えば本の出品を優先してしまう事です。
これは誰もがそうなる理由があります。
・本の方が回転が速い
・本の方がサイズが大きいので売った時の達成感がある
・本を置いて置くと邪魔

理由はこんなところだと思います。

本の方が回転が速いのは明白です。
本は買わなければ読めませんがCDは買わなくてもYOUTUBEなどで聞けます。
色々なストリーミングサービスもあるのでわざわざ買わなくても問題ないので当然、CDの方が回転が悪くなります。

同じような理由でDVDは更に回転が悪くなります。
回転は本→CD→→DVDの順になります。

CDの出品を優先するようにしましょう。

本は回転が速いので少し出品が遅くても、それ程問題にはなりません。
(なるべく早く出品するのは当たり前のことです。)
回転の遅いCDを先に出品することにより、少しでも早めに販売まで繋げる事が重要になってきます。

回転が悪いですが利益はCDの方が大きくなりますのでCDを優先して出品させる事により最終的な月々の利益は増える事になります。

スポンサー