」タグアーカイブ

ヤフオクでの本の販売は奥が深いです。

最近、CDだけでなく本もヤフオクに出してます。
落札相場や他の出品者を調べていると、みんんやたらと評価が高い!
そして、悪い評価が少ないです。
評価7000以上はざらにいます。
そして悪い評価は1桁前半、一見、凄いと思います。
まあ、よく考えてみれば購入者の年齢層が高い、
賢い購入者が多いのでトラブルも皆無なんでしょう。
(CD、買う人よりやり易いです。)
僕の評価は現在4200、悪い評価7です。
今年中には7000まで行けるかなと思ってます。
本のヤフオク販売では評価500以下はお話にならない感じです。
評価500以下の人は相場より安く売っている印象です。
ある意味、参入障壁が高い。
そして売り方もそれぞれ勉強になります。
即、振り込まれるのも助かります。
(アマゾン、振込み遅すぎ手続きに数日かかるって、数日何もしてないのと同じですから。)
当然、アマゾンのように1円本なんて物もありません。
手数料も安いです。
デメリットとして、評価が低い人は相手にされない、売り方に工夫が必要などがあります。

どこでも売れる。

ヤフオク・アマゾンに同じ物を出して売れ行きを調査していましたが
結局、どこでも売れます。
同じ本をそれぞれ、4種類を下記に出してみました。
・アマゾン自己発送
・アマゾンFBA
・ヤフオク(送料無料)
・ヤフオク(送料別)
送料と合計で800円で出していました。
結果、ヤフオクとアマゾン自己発送が早めに全て売れました。
利益の少ないFBAが何故か一番遅い。
これもアマゾンの客離れの影響かもしれません。
結局感じた事は「どこでも売れる」です。
同じ金額ならヤフオクが良いかもしれません。
それ以外に試した事として50万位の本をアマゾン・ヤフオクの相場に合わせ、それぞれに出しました。
アマゾンの方が断然早く売れました。何日か後にヤフオクも売れました。
利益はヤフオクの方が倍ぐらい多いです。
本当に悩みます。
・アマゾンの優位性って、ほとんど無いのでは。
・在庫1の商品を両方に出すの面倒そう。
・ヤフオクの方が多くなったら、ちょっとカッコ悪そう。
どちらにしろ、アマゾンの依存度はどんどん下げて行きます。

高利益の出る本のご紹介

色んなお店に出入りしていると、たまに見つける本です。
購入額の10倍になります。
大体1000円→10000円になる感じです。

愛蔵版 のばらの村のものがたり 全8話 (講談社の翻訳絵本) 単行本
http://mnrate.com/item/aid/4061892134

僕が販売していたときブックオフ大●学園店がプライムで販売していました。
なりふり構わぬ仕事ぶり尊敬に値するなと思うと同時に先に売れたときは嬉しく思いました。
ちなみにこの本、ブックオンラインでは3500円で売っています。(現在在庫切れ)
1万で売る大泉●園店、最高です。
きっとフランチャイズで店自体がアマゾン転売してるんでしょう。