ヤフオクでの本の販売は奥が深いです。

スポンサー
スポンサーリンク

ヤフオクでは何でも売ってます。

CDだけでなく本もヤフオクに出してます。

本はメルカリの方が多いですがヤフオクも捨て難い魅力があります。

ジャンルによってはメルカリより速く・高く売れる本もあります。

ヤフオクではベテランが大勢います。

落札相場や他の出品者を調べていると、みんんやたらと評価が高い!
そして、悪い評価が少ないです。評価1万以上はざらにいます。
そして悪い評価は1桁前半、一見、凄いと思います。
まあ、よく考えてみれば購入者の年齢層が高い、大人の購入者が多いのでトラブルも皆無なんでしょう。(CDの購入者よりやり易いです。)

現在の評価

僕の評価は現在8000、悪い評価は少ないです。
今年中には9000まで行けるかなと思ってます。

本を売る上での評価の必要数。

本のヤフオク販売では評価500以下はお話にならない感じです。
評価500以下の人は相場より安く売っている印象です。
ある意味、参入障壁が高い。

そして売り方もそれぞれ勉強になります。
振り込みのサイクルが速いのと振込手数料がかからないのも有り難いです。
(アマゾン、振込み遅すぎ手続きに数日かかるって、数日何もしてないのと同じですから。)
当然、アマゾンのように1円本なんて物もありません。
手数料も安いです。

ヤフオクでの本転売のデメリット

デメリットとして、評価が低い人は相手にされない、売り方に工夫が必要などがあります。

誰でも最初は評価なんて有りませんので気長にアカウントを育てるつもりで少しずつやって行くのも良いと思います。

よく転売に付いてブログやツィッターで上手な人の真似をしようなんて見かけます。 一体、誰の真似をすれば良いんだと僕なんかは思ってしまい...