電波が悪いときの対応法

スポンサー

電波が悪い時、店舗で困りますよね。

一番手っ取り早い方法

一番良いのは他の会社のモバイルWIFIが完璧ですが3000円ぐらいはかかるので微妙です。それほど、電波が無い店も少ないので。費用対効果を考えると必要ないと思います。

意外と知られていない対応法

簡単にそれなりに使えるようにするには設定で「4G」をオフにすることです。

「4Gアンテナ1本」が「3Gアンテナ4本」に変わります。

3Gだと遅いですが4Gで電波が悪いよりマシです。

副業でやってた頃は4Gなんて、未来の技術なんて言われてましたから

年配の方は懐かしいスピードで仕事ができます。

ドコモ回線で電波が悪い時はyモバイルのモバイルWIFI良いと思います。

現実的対応法

使っていた古いスマホや中古WIFIルーターに格安SIMのデータ専用を使ってデザリングが現実的だと思います。

中古WIFIルーターなら3000円程度から購入できます。

データ専用SIMも1000円以下ですので、どうしても3Gの遅さに耐えられない人なら格安SIMの購入になります。

裏技として

ここまでやっている人は僕以外で知りませんが店のWIFIのパスワードを借りる。

こんな事してる人、ほぼいないと思います。

アプリがレンタルの会員証の代わりの店舗では「電波が悪くてアプリが使えない」と言えば店員が店舗のWIFIを使える様に設定してくれます。

もちろんパスワードは教えてくれませんが保存しないと使えないのがスマホの仕組みなので、それ以降は使い放題です。

結論として

設定で「4G」を「3G」に変えるだけで、ほぼほぼ大丈夫です。

意外なまでに「電波が悪い時は目利きができるから大丈夫」などと言う人がいますが本当に大丈夫なのでしょうかね。

僕はかなり疑ってます。