本 このジャンルは鉄板

スポンサー
スポンサーリンク

本せどりを始めた頃

僕は本せどりを始めた頃、ブックオフで参考書しか買いませんでした。(物凄い間違い)

何で参考書だったかと言うと受験勉強が大好きだったからです。本当に英語の受験勉強が大好きで参考書に詳しかったってのが有ります。早稲田模試で最高、英語の偏差値が82まで行きました。全国で順位が20番代だったと思います。当時も今も英語は喋れません。

そんな感じで参考書が大好きだったので利益の出る参考書はすぐ見つかりました。当時、毎日5軒ぐらいはブックオフで参考書を買っていました。

地元もブックオフで利益の出る参考書はすぐに枯れてしましました。

それから一番近くの古本市場にて日々、本の勉強が始まりました。この店は今でも3日に一回は行きます。買える買えないの問題では無く、勉強に行ってる感じです。

そんな、普通の人にとってはどうでもいい努力を5年、重ねて「これは鉄板」と思えるジャンルがたくさん見つかりました。

今回はわかり易い2つとわかりづらい1つをご紹介します。

わかりやすい2つ、「エロ」「言語」です。

①「エロ」はエロければエロい程、売れます。エロ本は除いて下さい。エロ本はちょっと変わったカテゴリーなのでモノレートのランキングも出ないですし初心者には向いていないジャンルです。

上の右の本は文芸コーナーにありますが最高にエロい内容です。シリーズ3作目にしてついにネタ切れの為、エロの方向に振ってきた内容になっています。多分ランキングで3000以内だと思います。何度も売っているので利益が少しでも買います。

②「言語」です。英語とかフランス語などメジャーな言語は利益が少なめです。狙うは1点、どこの国の人が使うのか不明な言語。これは鉄板で高利益です。あと比較的メジャーですがタガログ語(フィリピン)、ルーマニア語、恐らくはエロい人が外国人に気に入れたくて、良く稼げます。(個人的見解です。)

ルーマニア語は比較的日本語とも発音が似ているので日本人が一番覚えやすい言語になります。覚えても全然実務には繋がらないとおもいますが。

わかりずらい利益のでる鉄板ジャンルは「写真集」です。写真集の選び方は特殊です。

「無名の人・安い・程度まあまあ」3つの条件が揃っていれば検索しなくても僕は買います。大概はアマゾンではカタログが無いので売れません。ヤフオクに出しておくと忘れた頃に必ず売れます。地域の本屋が無く、アマゾンにも無いとなればヤフオクで売れるのは必然です。

あと選び方としては中が見えるようであれば、綺麗な写真ではなく、日常の表情を捉えている写真集は高いです。綺麗にきめた顔なんてネットで幾らでも出ているので価値はありません。

マンガならレディース・コミックは一番最初に見るべきコーナーです。

男性は入りづらいと思われがちですが僕は一番入りやすいです。少年マンガの所はバカっぽく見られそうなので逆に入りづらいです。

まあ、こんな感じで見るべき箇所を増やして行けば、かなり効率は上がります。

写真集を攻略したらエロDVDも見方は似ているので攻略できるようになると思います。