定価超えの商品の上手な売り方

スポンサー

Amazonには定価の概念が無いのかと思うほど定価超えの商品が多いです。

逆にメルカリには定価を超えた出品をすると「定価より高い」とかコメントが来て面倒なので、しっかり記載することをおすすめ致します。

スポンサーリンク

何も記載せずに定価超えで売っている人が多数です。

本やCDを扱っていると普通に何も記載せず定価超えで売っている出品者が多いです。

定価超えの商品なんて、いつ相場が崩れてもおかしく無いところもあるので出品者が複数居たら必ず1番最初に売り抜けましょう。

5人居たら、1番になるだけなんで、とっても簡単です。

定価超えの商品に記載する文章

必ず「希少品に付き定価をこえています。(定価:xxxx円+税)」と説明欄の最初に付け加えて下さい。

意外に思うかも知れませんが、これを記載するだけで売れやすくなります。

他の出品者が定価について記載がなければ100%、1番早く売れます。

定価をこえた商品を売る側は隠したがりますが、買う側はおおよその定価は知っています。

知っている人に隠してもデメリットしかありません。

ちゃんと記載すると高感度がアップします。

記載しないで売ると

記載しないで売れた際、定価を知り、騙されたと悪い評価が来ることもあります。

最近は色々な業界の方の副業等で新しく始められる方も多いです。

細かい事ですが一つ一つ丁寧に作業をすれば、確実に続けていくことができ、またリピーターを増やして行くことができます。

価格差だけでの転売は長続きしません。

本人の想像以上のスピードで資金がショートします。

定価超えの商品を仕入れられても売れなければ只のゴミです。

結論として

しっかりした販売スキルを身に付けなければ、転売は続けることができません。

仕入れも大事かも知れませんが、販売は100倍大事です。