利益の出るCDの見つけ方

スポンサー
スポンサーリンク

最近よく聞かれる聞かれること

それは転売で利益の出るCDの見つけ方です。

僕自身は見つけるのは非常に簡単に感じてますが経験の少ない人にとっては非常に難しい。(数が少ないので人によっては本より遥かに簡単)

1番の基本は利益の出ないアーティストを覚える事だと思います。

例えばAKB・EXILE・モーニング娘・ドリカムなどは一切見る必要は有りません。

効率よくCDを仕入れるのは見る必要の無いCDを増やして行く作業になります。

利益の出るCDは利益の出ないCDより圧倒的に少ないのです。

初心者の際は洋楽も見る必要は無いのかも知れません。利益の出るCDの比率が邦楽に比べ、かなり低く、効率的ではありません。(慣れてきてからでも遅くないと思います。)

下の画像は今日買ったCDの一部です。

最初に売れそうなCDを棚から出し、バーコード・規格番号でスキャンします。

もちろん利益の出ないCDもありますが僕の場合はスキャンした内の3割は十分利益の出るCDになります。

10枚買った時は30回程度しかスキャンはしません。全部にバーコードが有るわけでは無いので全部やってると時間の無駄です。

普通に全頭スキャンをしていたら、平均で50枚に1枚程度しか十分な利益の出るCDは見つかりません。しかも安全で確実などの条件を付けると70-80枚に1枚程度しか見つかりません。

最初は知識が無いのでスキャンする数も多くなると思いますがアーティストの数なんて本の作者の数に比べれば極僅かなので2ヶ月程度で覚えられると思います。一度、スキャンしてこのアーティストは売れないと判断したら二度とスキャンしないぐらいの覚悟でやれば、すぐ覚えられます。

前回、効率の良いCDのジャンルをご紹介しましたが慣れてくれば、見てまわるジャンルの順番なんて関係無くなります。

端から順番に背に書かれたタイトルを見るだけで利益の出るCDが見つかります。(僕の場合なら3割)

さらに慣れたら利益の出ないアーティストの中にも利益の出るCDが少しはあるので、今度はタイトルを覚えていくようにすれば良いと思います。これも数は少ないのですぐ覚えられます。

無名の人を探す。 簡単に利益の出るCDの探し方はいくつか有りますが中でも基本的なのは安いコーナーから無名の人を探して見ましょう。 ...

先日、古本屋のベテラン店員と話をしてた所、「すぐ売れる本にはオーラがある、そう言う感覚わかるでしょ!」と言ってました。

僕はオーラとか霊的な物は一切信じないし感じられないので何とも言えませんが見れば、売れるか売れないかはわかります。

要は経験だと思います。

最初は見つからなく当然です。

少しずつ慣れて行けば必ず効率的に探せるようになります。