連休中のゆうメール発送の対応方法

スポンサー
スポンサーリンク

本の発送と言えば「ゆうメール」

欠点は日曜・祝日の配送が無い事。最近、値上げが著しく使う意味が薄れてきたゆうメールです。

僕は番号を連絡するのが面倒なので欠点とは思いませんが追跡番号が無い事。

ゴールデンウィークや最近やたらと多い連休

アマゾンでは配送予定に祝日の設定が無いため、日曜・祝日の配送が無い「ゆうメール」は苦情や悪い評価を受けやすいです。

そこでの対応

発送に対応できないので休みにしろと情報発信をしている、どうしようも無い人も多くいますが完全に間違ってます。

僕は例年、配送料を一律で100円上げ、クリックポストで発送しています。

アマゾンの設定で店舗名のあとに「連休中に付きクリックポストで随時発送」と記載すれば通常以上に売れます。

出品者側は売れれば発送方法なんて何でも構いません。同じ様に購入者側も届けば配送方法なんて気にしません。どんどん変更して問題ありません。

配送に関する悪い評価が来ても簡単に削除できる事がほとんどです。