売れ残った商品の捌き方

スポンサー
スポンサーリンク

売れ行きの行きの悪い商品、どうしても出てきます。

僕の場合だと本やCDですが、どうしても売れ行きの悪い商品が出てきます。

これはちゃんとスキャンしてモノレートで調べようが問答無用に出てきます。

原因は急激な人気の落ち込み、人の流れにあります。

そんな時、どうするか。

数年前なら最安値にして換金が常道だったかも知れません。

アマゾンの場合だと最安値に価格をあわせても少しだけ利益が残って、得たお金で新しい物を買うと言うサイクルができました。

最近では手数料の値上げ、送料の値上げ、梱包資材の値上げにより、最安値で販売すると赤字になることが多いと思います。(実際に僕はそんな事をしていないのであくまで計算上になります。)

定期的に併売に移して行くのがベストです。

併売に移すタイミングは人それぞれだと思いますが、メルカリやヤフオクで併売することをオススメ致します。

これは何が良いかと言えば、意外なほど売れます。

アマゾンで売れ残った物をメルカリに出しても売れないだろうと思っている方も多いと思いますが、売れます。

当然、アマゾンを利用しない人も沢山、います。そしてポイント還元などにより人の流れも全然違います。

そしてアマゾン同等またはそれ以上の利益をもたらしてくれるのが最大の利点になるかと思います。

また、メルカリやラクマは評価が溜まりやすいので残った商材でポイントがたまって、ますます売れやすくなる好循環が生まれます。

不安な点もありと思います。

例えば「同時に売れてしまったらどうするか」ですが同時に売れたら、すぐに揃えられる物なら揃える。揃えられない物なら素直に謝る。

丁寧な謝罪文を遅れば、逆に感謝され、リピーターになってくれたりもします。

もちろん、そんな謝罪文はコピペです。

これはどうしても年に1-2回、テレビなどで不人気作品が紹介されたりするので出品の取り消しが間に合わない時があります。

難点としては発送やコメントなどひと手間かかる点になるかと思います。

どの程度で以降すべきか。

僕の場合ですと3ヶ月程度ぐらいから機械的に併売に移行させます。

あまり早く移行すると同時に売れるリスクが高くなりますので3ヶ月も待てば同時に売れることは、ほぼありません。

最終的には

売上におけるアマゾンの依存度を下げて行けるのがベストです。

実際に複数のサイトで販売している方ならわかると思いますがアマゾンの手数料は異常な程、高いです。

数年前なら圧倒的な集客力でそれもカバーすることは容易でしたが今のアマゾンに昔の集客力はありません。

アマゾンへの依存度を下げる事により、少ない作業量で同じだけの利益が得られます。