転売経験が少なかった頃の想い

スポンサー

吉野家の特盛を頼む人を金持ちだと思った。

本当に辛かった時期もあります。毎日13時間働いて月収25万程度。

同業者に月収50万有ると言われ、自分は半分程度かと落ち込むことも有りました。

自分の価値が彼の半分程度って絶対に変だ、

近い内に超えるのは当然、そして何倍か稼げると信じ続けてきました。

現在は当時の彼の倍は稼いでいます。

彼は転職を迫られる状況になり、転職しました。

現在の収入ではまだまだ足りないと思ってます。

正直、月収50万も100万も能力に差はありません。

ただ、やるか、やらないかの差です。固執したプライドを捨てられるかどうかの差かもしれません。

ただし、50万と150万には明確な能力の差が有ります。

もうすぐ手が届きそうです。

届いたら、200万に向けた活動をします。

生き方や個人の主義のプライドは持つべきです。

捨てるべきプライドは稼ぐ為のプライドです。

職業に貴賎は無く、お金にもありません。

スポンサーリンク

フォローする