稼げる人と稼げない人の差

スポンサー
スポンサーリンク

みなさん、転売で稼いでいますか?

稼げる人、稼げない人、色々いらっしゃると思いますが

思った通り稼げてない人が多数ではないかと思います。

先日、こんなツィートをしました。

簡単に言うと

稼げない人が圧倒的に足りないのは行動力です。

行動すれば、「量」「質」「経験不足」は徐々に解消されて行きます。

問題が解決する前にやめる人が多いので転売ビジネスは飽和を一向に迎えません。

  • 量:出品数
  • 質:商品の状態
  • 経験:販売・仕入れのスキル、主に販売のスキル

・量

出品数を増やせば、当然、売上・利益は伸びます。当たり前のことです。出品数を増やせば売れる点数も増えますので出品数を増やすのは大変な作業です。

僕はアマゾンだと本を3500点ほど出品していますが売れていく量も多いので中々、3500を超えません。アマゾンだけでやれば1万点ぐらいまで行けると思います。

・質

商品の状態です。経験とも重なってくる部分はありますが僕の場合だったら本の品質になります。最初のうちは古本なんてどれも同じ様に見えます。経験を積むことによって品質の良し悪しがわかるようになりますので状態の良いものを選ぶ様にしましょう。

・経験

ある程度経験を積まないと、早く仕入れること、上手に販売することができません。僕は転売を始めた頃、経験の多そうなセドラーがいたら劣等感から逃げ出したい心境になりましたが続ける事が大事です。今になって思えば気にする必要は無いです。少しずつ経験を積むことが大事です。スピードに違いはあると思いますが大抵の人は同じレベルまで到達します。

その他にプライドが邪魔します。

これが非常に厄介です。副業でも本業でも同じですがカッコよく働きたいものです。

店舗でスキャンしてる姿は一般の人から見たら非常に怪しい作業です。

そんな時、コソコソしがちですが堂々とやりましょう。効率アップに繋がります。

僕の場合はバイクの事故でプライドが半分なくなりました。その時、頭蓋骨を骨折しましたが手術も治療もできない場所という事もあり、そのまま家に帰されました。帰りの足も無く、恥ずかしく、誰にも言えず、電車で帰りました。

当然バイクの事故ですから洋服は救急車の中で切り刻まれ、目の白い部分は真っ赤に身体中、血だらけで満員電車で帰りました。

当時の月収は25万前後、警察の方にも「普通は死んでる」と言われ、救急隊の方にも「身体が動くのが不思議」と言われ、救急病院では「何も出来ません。ごめんなさい、帰ってください」と言われました。

そんな経験をし、僕の中でプライドとかが崩れ去って行くのを感じました。

もう何をやって稼いでも構わないと思える様になり月収はすぐに40万を超える様になりました。

安定的に40万ぐらいを稼げるようになり、少し油断していた事もあったと思います。居酒屋で乱闘騒ぎに巻き込まれます。

喧嘩が強すぎたらしく、逮捕されました。周りに居た人の証言で後に無実が証明され72時間で釈放、不起訴になりましたが丸3日、番号で呼ばれる生活をすると完全にプライドなんて無くなります。今では意外と楽しかったので良い経験になったと思えます。

その釈放後、月収は80万を超えて行くようになりました。

大病をするか、堀の中に落ちると人は大きな転機を迎えると言われてますが

その通り、良い方に転がっていきました。

今では用事があって警察署に行くと当時、僕の担当だった人たちと楽しく話せる関係を築いています。(その関係はお金にならないのでどうでも良いんですが)

結論として

プライドを持って生きて行くことは当たり前ですが

仕事に関するプライドは1円にもなりません。

購入者は仕事のプライドなんて評価してくれません。

評価してくれるのは品質・金額・作業だけです。そこ以外は誰も見ていないので無駄でしか有りません。