安いものから高いものまで幅広く。

スポンサー
スポンサーリンク

安い商品、利益は当然少ないです。

安いCDや本、当然、相対的に利益は少ないです。

一見、効率が悪いような感じはしますが長い目で見れば、効率は抜群です。

安い商品のメリット

デメリットは当然、利益が少ない事になります。

  • メリットは数が捌ける。
  • 評価が集まる。
  • 購入者がリピーターになる。
  • 購入者が金持ちになる可能性がある。

メリットはこんな感じだと思います。

短期的に見れば非効率ですが、長期的に見れば顧客を囲い込む事ができ、安定的な売上に繋がります。

また、最後の「購入者が金持ちになる可能性がある」は逆のパターンも当然あるので高いものを多く買ってくれるリピーターもいつまでも金持ちである可能性は低いので、将来の金持ちを若いうちから囲い込んでおいたほうが賢明です。

僕の実体験で

僕は花屋をやっていた頃、多くの大金持ちの方々にたくさん花を売ってきました。

たくさん買ってくれる人は長続きしません。

地元で「御前」とか「院代」などと呼ばれている人達は何年か経つと当然、他界します。

その他にも逮捕されたり、海外に移住したりと様々な理由で顧客ではなくなります。

結論として

高いものばかり、効率ばかりを追い求めると長期的には先細りします。