せどりツールの感想(セドリスト・セドロイド・セド楽チェッカー・アマコード・全巻君)

スポンサー



僕は長年、せどりすとプレミアムを愛用していましたが、
最近はkeepa有料版とプライスターリサーチとセド楽チェッカーにしています。
セドリストプレミアムとkeepaが合計7500円程度ですが使い勝手は最高に良いと思います。
初心者の方には間違いのない組み合わせだと思います。

「7500円も出せない」と言う方にはセド楽チェッカー、3000円(2500円)が良いのかなとも思います。

有名な感じのアプリは全て使ってきたと思うので率直な感想を挙げて行きます。

せどりすとプレミアム

王道的なアプリ、これを使っておけば間違い無しって感じだと思います。
keepaを有料で課金しないと本来の良さは出ないので2つで7500円、少し高い様な気もしますが勉強代だと思って初心者の方でしたら1-2年ぐらいは使っておいた方が良いと思ってます。

セドロイド(無料版)

無料なのでアリかなとも思います。
時間帯によって動きが遅いのと、価格が有料版に比べほんの少しだけ古いです。
結局keepaも必要になってくると思います。

プライスターリサーチ

価格改定ツールのオマケ的アプリですが、オマケだけに動きは軽く、意外と使えます。売れるまでのスピードは表示されますが、価格の変動まで見ないとダメなのでkeepaは必要になってきます。
僕自身が店舗に行ったときはプライスターリサーチかセド楽チェッカー、動きが速い方を使ってます。
時間帯によって動きの速さが違います。

セド楽チェッカー

何故か自己アフィリエイトOKな不思議な会社、keeepaを有料で使いたくない人は過去の落札価格が一覧で表示されるので、まあまあオススメ、僕も現在使用しています。自己アフィリエイトは月額500円なので実質2500円で使用できます。
現在、3000円払って使用中の方がいましたら、解約してインフォトップでアフィリエイターリンクを作り自己アフィリエイトしてください。
このブログにもアフィリエイトリンクが貼ってありますので3000円でも構わない方がいましたら、このブログから加入して頂けると有難いです。

アマコード・アマコードPRO

中古品の販売に向かないのですぐに使わなくなりました。
新品をメインにやっている人には良いアプリだと思います。

全巻君

かつては「初心者がベテランを凌駕できるツール」などとアフィリエイトがたくさんありましたが、そんなことはできません。
コミックセットをやっている人には良いかも知れませんが
コミックセットは重労働、古紙回収業者みたいなものなので慣れれば慣れるほど、収入の上限に気付きます。
マンガが好きだから安易に始めるみたいな人が転売に慣れるまで使っても良いかも知れません。
僕自身は2か月程度、使ってました。
セットにして売れる漫画の種類なんて数が知れているので全部覚えた方が早いと気づき、やめました。
また現在、アマゾンFBAの手数料もあがり、メルカリ等との価格競争も激しいので、昔ほど稼げません。

まとめ

それぞれのツールに一長一短、あります。
とりあえず、僕が使ったことのある代表的なツールです。
一通り、使ってみるのも良いような気はします。

スポンサー