ヤフオクの良い所・悪い所(悪い所の打開策)

スポンサー



メルカリとアマゾンの間的存在、ヤフオク

昨今、転売と言えばアマゾン・メルカリを思い浮かべると思います。
確かにアマゾン、良く売れます。
メルカリもそこそこ売れます。

アマゾンについて

しかしながらアマゾン、集客力・販売力とも数年前と比べるとだいぶ落ちましたが以前、強力な物があります。
しかしながら手数料も年々上がり、昔のようには利益が簡単に残るとは言えない状況になりつつあります。

メルカリについて

メルカリも手軽さから人気のあるフリマアプリです。
実際、それなりに売れます。
メルカリの最大の欠点は価格改定が面倒。
本やCDだと単価が安いので簡単に出品数が増えてしまいます。
出品数が増えると価格改定が追い付かなくなります。
転売で生活する上で非常に利益を上げる場所としては効率が悪くなってしまいます。(副業などで出品数が500-2000程度なら何とかなると思います。)

メルカリとアマゾンの悪い所をなくしたのがヤフオク

ヤフオクには当然のことながらアマゾン程の集客力はありません。
メルカリ程、ポップでもお手軽なイメージもないかも知れません。
しかしながら、ヤフオクにはヤフオクの良さがあります。

ヤフオクの良い所

手数料が安い、そこそこ売れる。
送料に手数料がかからない。
換金性が高い。

ヤフオクの悪いところ

出品が面倒、発送が面倒、集客力がイマイチなどになると思いますが
それぞれ、それなりの打開策があります。
・出品:テンプレートをたくさん用意
・発送:宛名書きソフト(自動で読み取ってくれて楽です)
・集客:少し安くしてオークション形式で出品するとアクセスも増えます。

アマゾンから入り、販路を広げて行くのがベストです。

転売を始めた時はアマゾンが手数料が高いかわりに色々と楽だと思います。
経験を積み、色々な販路に広げて行くのがベストです。
ヤフオクだけに限らず、ヤフーショッピング・楽天・ebay・メルカリ、何でも良いので販路は広げた方がより多くの販路を複数持った方が効率よく利益を残すことができます。

スポンサー