利益の出る本の覚え方

スポンサー
スポンサーリンク

時間はかかるが後々大きな差が出ます。

僕の前職は花屋の経営でした。花屋の経営は仕入れで大きな差が出ます。本とかCDの転売も同じです。

僕が花屋の頃にしていた仕事のしかたが現在も生かされています。

切り花のセリは週間3回(月・水・金)でした。その前日(日・火・木)は前日のネット販売、当然価格は全部違います。セリは当日の需要で決まりますし前日のネット販売は過去の統計等から算出されます。

僕は前日の価格・セリに出る終了を全て暗記するようにしていました。

花の仕入れだと、このやり方が間違いなく最強の仕入れ方です。

前日の価格・数量、覚える数は毎回500程度です。それを覚え、セリに参加、前日の価格以下で仕入れをすれば、最安値で全てを仕入れた事になります。

その価格は同業者に前日の価格で1本10円ずつ乗せて売っても100本単位で販売するので最低1000円の利益は出ます。

それで毎回5000円前後の利益を短時間に何年も出していました。

誰もできないと思うからやらないだけです。

逆にやれば誰でもできます。

花の価格は赤いバラなら50-180円、白い菊なら60-120円、大体パターンが決まってます。

花の種類と決まった範囲の価格を覚えるだけです。しかも花の種類はプロなら当然、全て覚えています。時期により価格帯の範囲も限られるので3パターン程度の中から覚えれば良いだけの単純で誰でもできる記憶です。

本も同じです。しかも、もっと簡単で単純。

古本の価格は新しい物なら定価の8割程度です。

少し売れ残れば、500円→350円→200円→100円と大半は下がり続けます。

スキャンして1度利益の出る本を販売すれば、自分自身の売れる物リストに入ります。同じ本を幾らで仕入れれば利益が出るのか覚える価格は多くて4パターンぐらいしかないので簡単に覚えられると思います。

実際には2パターンぐらいしかありません。

本のタイトルを覚えれる。

完璧に覚える必要なんてありません。おぼろげな記憶のタイトルで十分効果を発揮します。

以前にパートでいた人は1年間、発送だけしていましたが、自分も転売で独立したいとの事だったので本の買い方を教えましたが、自分で発送した本は無意識の内に自然と覚えていた様で最初のうちは全てスキャンしていましたが2ヶ月もすれば、限られた数のスキャンしかしなくなってました。

僕の印象では決して記憶力が優れた人ではなかったので誰でもできます。

自己発送が完全に有利です。

この記憶をする作業は自己発送が完全に有利です。店舗で買う時、出品の時、発送時、その他のクレーム対応等で最低3回は本のタイトルと価格を見ます。自己発送だと利益も大きくなりがちなので記憶に鮮明に残ります。

僕も以前はFBAを利用していましたが、FBAで売れたものは全てアマゾンに丸投げしている状態なので、それ程、記憶には残りませんでした。

結論として

記憶力は最強のツールです。

もちろんスキャン・アプリも大事です。

スキャンに記憶を合わせると、より効率的な仕事ができます。

できないとやらずに決めるのは自分の可能性を狭めます。

何事もチャレンジ、やれば必ずできます。

スポンサーリンク

フォローする